『しらすどん』最勝寺朋子 原画展

岩崎書店『しらすどん』最勝寺朋子 原画展を開催します          期間 9月7日(火)〜10月10日(日)

いま自分が如何にのんべんだらりと生きてしまっているかをハッと気付かされるような絵本に、たまに出会います。ある作家さんとの縁から繋がった絵本作家、最勝寺朋子さん。彼女との出会いもまさにそのひとつでした。これがデビュー作です。

彼女から差し出されたゲラ(絵本になる前段階)を読んでガーンとなって、その場で原画展やりましょうと持ちかけました。帰ってからじわじわ、すごいものを見てしまったという思いが実感として湧いてきて、それから2日くらいは頭から離れず一度読んだだけのゲラを記憶の中で何度も反芻しました。

そして紆余曲折の末できた絵本がこれ、『しらすどん』。なんて絵の迫力。入魂の筆致。もう一回言うけど、これがデビュー作。もちろん絵だけじゃなくておはなしも凄い。なんちゃって絵本じゃなくて、もうゴリゴリの絵本。気合入っててかっこいいんです。血反吐吐きながら作ったのが伝わってきます。

どんぶりの中に一匹だけ食べ残されたしらす、その生命の軌跡と円環を辿る少年りょうの白昼夢。読み終わった後、君の目にはなにが映るか。

フライヤー画像を制作・ご提供してくださった花谷陽子さんありがとうございます。

惚れ込んだ絵本しか原画展しないてんしん書房。よっぽど良いのが出ない限り、今年の原画展はたぶんこれでおしまい。期間中は店内に【しらすどんクイズ】があるよ!全員正解者にはプレゼントも!

反骨絵本作家の誕生に刮目せよ、ぽんつくども!

店主